ページの先頭です
メニューの終端です。

マイ・タイムラインで逃げ遅れゼロ

[2019(令和元)年10月30日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

洪水からの自分の逃げ方を考えよう

 台風や大雨により、日本全国において、大規模な被害が発生しています。

 大雨災害に備え、ハザードマップ等を活用し、各家庭で事前に「避難行動」を整理しておくため、「マイ・タイムライン」を作成しましょう。

 

 東金市の洪水・土砂災害ハザードマップはこちらから確認できます。(別ウインドウで開く)

 

マイ・タイムラインとは

 「マイ・タイムライン」は、平成27年9月に発生した関東・東北豪雨の鬼怒川の氾濫による被害を教訓として、常総市や国土交通省等が、洪水の犠牲者ゼロを目標に始まった取り組みです。

 

 マイ・タイムラインとは、台風の接近等によって河川の水位が上昇するときなど、洪水時に自分自身がとるべき「避難行動」をあらかじめ時系列的に整理し、とりまとめる行動計画表です。

 急な判断が迫られる洪水発生時に、自分自身の行動のチェックリスト、また、判断のサポートツールとして役立ちます。

 自分の家族構成や生活環境にあった、避難に必要な「情報」「判断」「行動」を把握して、マイ・タイムラインを作成し、「自分の逃げ方」を手に入れましょう。

 

説明動画(国土交通省作成)

マイ・タイムラインの作成

 東金市には、真亀川、作田川、南白亀川などの河川が流れ、台風時の大雨などにより、大規模な洪水被害が発生する可能性は否定できません。そのため、住民の皆さんが大雨被害に備えるために、マイ・タイムラインを作成しておくことで、大きな減災効果に繋がります。

 東金市では、関東・東北豪雨の教訓で始まったマイ・タイムラインの取り組みを参考に、災害時の避難行動を書き込んで、各家庭のマイ・タイムラインを作成するツールとして、「東金市版マイ・タイムラインシート」を作成しました。

 台風等の大雨災害は、事前にある程度予測することが可能であり、接近に備えておくことができる災害です。洪水から命を守り、逃げ遅れないために、いつ、なにをするべきなのか、普段からするべき対策、大雨になる前にすべきことなどを、ハザードマップ等を活用しながら検討し、各家庭のマイ・タイムラインを作成しましょう。

東金市版マイ・タイムラインシート

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

 

 

マイ・タイムライン使用時の注意点

 洪水は自然現象であり、マイ・タイムラインがあれば常に安全というわけではなく、想定したとおりに進行するとは限りません。

 台風の進み方、雨の降り方、気象警報の発表や避難情報の発令などは、気象状況等により毎回異なります。そのため、実際の洪水においてマイ・タイムラインを使用する際には、次の注意点を踏まえて行動してください。

  1. あくまでも行動の目安として認識する。
  2. 気象警報や避難情報等をこまめに収集・確認する。
  3. 収集・確認した情報をもとに、マイ・タイムラインを参考にして、臨機応変に避難行動の実行を判断する。

 

組織内ジャンル

総務部消防防災課防災対策係

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)総務部消防防災課防災対策係

電話: 0475-50-1226

ファクス: 0475-50-1299

お問い合わせフォーム