ページの先頭です
メニューの終端です。

安全安心対策官の交通安全ワンポイントアドバイス【令和4年2月】

[2022(令和4)年2月28日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和3年中の交通事故発生状況について

発生状況

千葉県内交通事故発生状況
区分令和3年中令和2年中前年比
発生件数13,534件12,873件+661件
死者数121人128人-7人
負傷者数16,107人15,415人+692人
東金警察署管内交通事故発生状況(前年比)
区分東金市大網白里市九十九里町
発生件数187件(+31件)107件(+35件)20件(-6件)
死者数2人(+2人)3人(+2人)

0人(-3人)

負傷者数222人(+18人)139人(+49人)25人(-7人)

交通死亡事故の特徴等

 令和3年中の千葉県下の交通事故死者数は121人で、昨年と比べて7人減少しました。うち65歳以上の高齢者は73人(歩行者36人、自転車乗車中13人、二輪車乗車中5人、四輪車乗車中18人、その他1人)でした。

年齢層別・状態別死者数(前年比)
区分歩行中自転車乗車中二輪車乗車中四輪車乗車中その他

子ども

(15歳以下)

3人(+3人)1人(+1人)0人(±0人)0人(-1人)0人(±0人)

4人(+3人)

若者

(16歳~24歳)

0人(-3人)2人(+1人)6人(+2人)4人(±0人)0人(±0人)12人(±0人)

高齢者

(65歳以上)

36人(-1人)13人(+1人)5人(+2人)18人(-3人)1人(±0人)73人(-1人)

その他

(25歳~64歳)

7人(-7人)7人(-2人)4人(-2人)14人(+2人)0人(±0人)32人(-9人)
46人(-8人)23(+1人)15人(+2人)36人(-2人)1人(±0人)121人(-7人)

交通事故防止対策

(1)飲酒運転等危険な運転の根絶

 飲酒運転による交通事故は、平成19年の飲酒運転厳罰化や平成21年の行政処分強化により、発生件数は年々減少しているものの、千葉県は飲酒運転による交通人身事故が他県と比較して多く、飲酒運転事故多発県となっています。(令和3年中の飲酒運転による交通死亡事故は4件で、前年比-4件でした。)

 飲酒運転根絶に向けて、一人一人が「飲酒運転はしない、させない、許さない」という強い意志を持ち、飲酒運転を根絶しましょう。

(2)歩行者の安全確保

 千葉県では、高齢者の道路横断中の事故が多く発生しています。歩行者の方は、横断歩道の通行、信号を守るなど、歩行者が交通ルールを遵守することが大切です。また、ドライバーの方は、横断歩道の手前では、横断歩行者の有無をよく確認し、歩行者の飛び出しや無理な道路横断があることを念頭に、細心の注意を払って運転してください。

「ゼブラストップ」実施中!

「ゼ」・・・「前方」をよく見て運転、横断歩道に十分注意

「ブ」・・・横断歩道の手前では、「ブレーキ」操作で安全確認

「ラ」・・・「ライト」の早めの点灯、こまめな切り替えで横断者を早期発見

「ストップ」・・・横断する歩行者がいたら、必ず「ストップ(一時停止)で交通事故「ストップ」

(3)反射材着用促進

 千葉県内の令和3年中の夜間歩行中の交通事故死者数は25人であり、反射材を身に付けていた人は1人でした。夜間の事故を防止するため、歩いて外出する際は、明るい色の服を着用したり、反射材を身に付けるなど、ドライバーから発見されやすい服装を心掛けるとともに、道路を横断するときは左右の安全確認を必ず行いましょう。

 歩行者の皆さん、反射材は自分の存在をドライバーに知らせるために有効ですので、是非着用しましょう。

「キラリアップ☆ちば」実施中!

「キ」・・・危険を回避

「ラ」・・・ライトアップ

「リ」・・・リフレクターやLEDライト

「アップ☆ちば」・・・千葉県全体でキラリと光る星のように反射材の着用率をアップ

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)総務部消防防災課消防安全係

電話: 0475-50-1119

ファクス: 0475-50-1299

お問い合わせフォーム


安全安心対策官の交通安全ワンポイントアドバイス【令和4年2月】への別ルート