ページの先頭です
メニューの終端です。

リサイクル倉庫(新聞紙・雑誌類・雑がみ・ダンボール・布類の回収)

[2018(平成30)年3月5日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

紙類や布類を資源として再生するためにリサイクル倉庫を設置しています。

設置場所

市役所、正気公民館、福岡公民館、豊成公民館、源公民館、公平公民館、丘山公民館、大和公民館

搬入できる日

毎日可(年末年始は除く)

搬入できる時間

午前8時30分~午後5時00分

対象

「ダンボール」

「雑誌類・雑がみ」

「新聞紙」

「布類」

雑がみとは?

新聞紙、雑誌類、本、ダンボール以外の紙を「雑がみ」といいます。身の回りの多くの紙が資源物としてリサイクルできます。雑がみとして出せるものは次のとおりです。

雑がみリサイクル分別表
リサイクル可能(リサイクル倉庫へ)リサイクルできない(可燃ごみへ)
・使用済み封筒
・カラーコピーしたもの
・紙袋
・包装紙
・はがき
・ティッシュの空箱(ビニールをはずす)
・カレンダー
・メモ用紙・紙製ファイル
・投込チラシ
・お菓子の空き箱
・窓付き封筒(ビニールが窓になっているもの)
・圧着はがき
・写真
・感熱紙(レシートなど)
・カーボン紙(複写式の用紙)
・防水加工された紙(紙コップ・カップ麺のフタなどのアルミ付の紙)
・粘着物(シール)
・感熱性発泡紙(立体コピー紙)
・昇華転写紙(アイロンプリント紙)

雑がみの出し方

雑がみの出し方は次のとおりです。

⑴雑がみだけをまとめてひもで十字にしばる。

⑵雑がみだけを紙袋に入れてひもでしばる。

⑶雑がみが少量の場合は、雑誌類の間にはさむ。(雑誌類はひもで十字にしばる。)

布類として出してはいけないもの

羽毛綿が含まれた布類はリサイクルできません。
(例:マットレス、布団、毛布、座布団・クッション、カーペット、ぬいぐるみ、はんてん、スキーウェア、ダウンジャケット、こたつの中敷など)

布類でリサイクルできないものは可燃ごみです。

また、指定ごみ袋に入らない大きさのものは粗大ごみとなります。

粗大ごみは東金市外三市町環境クリーンセンターに戸別収集または自己搬入の申し込みをしてください。

関連リンク

搬入方法

それぞれ資源別にひもで十文字にしばり、ご自身で搬入してください。

お願い

リサイクル倉庫はリサイクル可能な紙類、布類をごみにしないでもう一度資源として利用するために設置されたものです。
しかし、一部で廃プラスチック、金属、粗大ごみなどリサイクルできないものを搬入している方がいます。
リサイクルの支障となるばかりか、リサイクル倉庫を利用する他の方々のご迷惑となりますので、指定外のものは絶対に搬入しないようお願いします。

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)経済環境部環境保全課生活環境係

電話: 0475-50-1170

ファクス: 0475-50-1297

お問い合わせフォーム