ページの先頭です
メニューの終端です。

廃棄物の野外焼却について

[2013(平成25)年3月25日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

野外焼却について

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」により、廃棄物の野外焼却は、一部の例外を除き禁止されています。

野外焼却とは焼却炉を用いずに野外で廃棄物を燃やすことであり、いわゆる野焼き行為を指します。焼却炉を用いる場合でも、構造基準に適合しない焼却炉による焼却は野外焼却とみなされます。

野外焼却は、煙や悪臭でまわりの人に迷惑がかかるだけでなく、有害物質の発生原因になります。

違反した場合には、5年以下の懲役、もしくは1,000万円以下の罰金(法人の場合は3億円以下の罰金)、又はその両方の罰則が科せられます。なお、未遂であっても同様の罰則が科せられます。

 

野外焼却の例

野外焼却の例
  • 簡易焼却炉を用いる
  • 穴を掘る
  • 延焼しないよう周辺の草を刈る

上記のような場合であっても、野外焼却には違いありません。

他人の土地ではもちろんのこと、自身の所有地内であっても、野外焼却となります。

 

野外焼却の例外

公益上もしくは社会の習慣上やむを得ないもの又は周辺地域の生活環境に与える影響がわずかなもので下記のとおりです。なお、例外に該当するものであっても発生する煙や灰、臭い等が他人の日常生活に支障を与えないよう、必要な配慮と措置を講じなければなりません。

  1. 国又は地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却
  2. 震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却
  3. 風俗習慣上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却
  4. 農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却
  5. たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの

 

廃棄物焼却炉構造基準(抜粋)

次の構造基準に適合しない焼却炉は使用できません。

  • 焼却炉で発生するガスの温度が800度以上の状態で廃棄物を焼却できること
  • 外気と遮断された状態で、定量ずつ焼却室に投入できること
  • 焼却室内の燃焼ガスの温度を測定できる装置があること
  • 燃焼ガスの温度を保つために必要な装置があること

 

野外焼却を見かけたら

市内で野外焼却を見かけた場合には、下記担当までご連絡ください。詳しい場所、煙の色、燃やしているもの等を確認の上、市職員が現場へ向かいます。

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)経済環境部環境保全課公害対策係

電話: 0475-50-1171

ファクス: 0475-50-1297

お問い合わせフォーム


廃棄物の野外焼却についてへの別ルート