ページの先頭です

転入届

[2016(平成28)年10月25日]
  • 東金市外から市内に引っ越してきた時

届出期間

住み始めた日から14日以内

届出人

本人、転入世帯の世帯主(同一の世帯の方も可)
※任意の方に届出を委任する場合は内容が記載された委任状が必要です。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

必要なもの

  • 転出証明書(転出届をした際に、前に住んでいた市区町村が発行したもの)
    もしくは、住民基本台帳カードまたはマイナンバーカード(下記特例に該当する場合のみ)
  • 届出する方の本人確認ができる書類
  • 通知カード(マイナンバーカードをお持ちの方は不要)
  • 住民基本台帳カードまたは個人番号カード(お持ちの方のみ)
  • 国民年金手帳(対象となる方)
  • 印鑑

注意すること

  • 新しい住所とその世帯主
  • 転入(新しいところに住所を定めた)年月日
  • 健康保険について(国民健康保険、社会保険などに加入している保険の種類)国民年金に加入しているか

転出届の特例を受けた場合(転出証明書が発行されなかった場合)

  • 住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードを必ずお持ちください(代理の場合でも)
  • 新しい住所地で転入日から14日以内に転入届出を行ってください
  • 転出届出時の転出予定日(転入予定日)から30日以内に転入届出を行ってください

以上の条件から外れると転出証明書情報が取得できず、転入できない場合があります
その場合、再度転出届から行っていただくこととなってしまいます
転出時の内容で不明な点があれば、予め転出地でご確認してからお越しください
なお、転出予定先が東金市ではなかった場合、万一転出元のシステムが稼動していないときはお受けできませんのでご了承ください

住民基本台帳カード、マイナンバーカードの継続利用の手続き

現在お持ちの有効な住民基本台帳カード、マイナンバーカードを東金市に転入後も利用する手続きです

  • 転出届、転入届時に特例での手続きをしておく必要があります
  • 転入届から90日以内に本人または同世帯の方が手続きをする必要があります
    (窓口端末にて暗証番号を入力する操作があります)
  • 転入手続き前であれば転出時に特例を受けていなくても、継続利用が可能な場合がありますので受付時にご相談ください

転入届と同時に行う場合、新しい東金市の住所情報が住民基本台帳ネットワークに反映されるまで30分程度要する場合があります。その間、継続利用の操作が可能になるまでお待ちいただく必要がありますので、お時間に余裕をもってお越しください。

住民基本台帳に登録のある外国人のかた(中長期在留者等)

平成24年7月9日以降に転入する場合は、住民登録のある市町村に転出届をして「転出証明書」を受け取ってから転入の手続きにお越しください。以前のように転入地での届けのみでは住所異動ができなくなりました。

月曜日など休日明けは混み合うため、お待たせする場合があります。

このページの担当

東金市 (法人番号 7000020122131)市民福祉部 市民課 市民係 

電話: 0475-50-1131 ファクス: 0475-50-1288

お問い合わせフォーム