ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    マイナンバー(個人番号)の確認書類について

    • [更新日:]
    • ID:3709

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     平成29年度(平成28年分)市民税・県民税の申告から、申告書のご提出時にマイナンバー(個人番号)の記入が必要となります。その際に、番号の確認とご本人様の身元確認をさせていただきます。

     申告書を窓口でご提出される方は、下記の書類をご提示ください。

     また、郵送にてご提出される方は、下記の書類のコピーを同封してください。

    1.マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方の必要書類

    ・マイナンバーカード(個人番号カード)

    ※郵送の場合、カードの表面(住所、氏名、生年月日が印刷された面)と裏面(個人番号が印刷された面)それぞれのコピーを同封してください。

    2.マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちでない方の必要書類

    1.有効な通知カード(住所・氏名・性別・生年月日すべてが住民票に記載の事項と一致しているもの)

    2.住民票の写し(個人番号の記載があるもの)

    3.住民票記載事項証明書(個人番号の記載があるもの)

    以上、1~3のいずれか1点をご提示ください。

    上記2の場合下記の書類も必要となります

    (1)顔写真ありの公的機関が発行した本人確認書類の場合(1点必要)

    ・運転免許証

    ・運転経歴証明書

    ・旅券

    ・身体障害者手帳

    ・精神障害者保健福祉手帳

    ・療育手帳

    ・在留カード

    ・特別永住者証明書 など

    (2)顔写真がない本人確認書類の場合(2点必要)

    ・保険証(国民健康保険、健康保険、船員保険)

    ・後期高齢者医療被保険者証

    ・介護保険被保険者証

    ・健康保険日雇特例被保険者手帳

    ・国家公務員共済組合又は地方公務員共済組合の組合証

    ・私立学校教職員共済制度の加入者証

    ・国民年金手帳

    ・児童扶養手当証書

    ・特別児童扶養手当証書 など

    代理人が提出する場合の必要書類

    1.本人のマイナンバー(個人番号)が確認できる書類

    2.代理人の身分証明書(上記と同様。顔写真ありの場合は1点、顔写真なしの場合は2点必要)

    3.代理権を確認できる書類

     任意代理人の場合・・・委任状

     法定代理人の場合・・・戸籍謄本又は資格を証明する書類

     税理士又は税理士法人が代理人の場合・・・税務代理権限証書