ページの先頭です
メニューの終端です。

下水道整備の流れ

[2012(平成24)年12月27日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 公共下水道を皆さんが利用できるようになるまでには、次の手順を経ることとなります。

1.全体計画の策定

 今後20年以内に汚水処理施設(汚水管)を整備する区域を設定します。
 現在の全体計画区域は1,137ha、完成予定年度は平成36年度です。

参考

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

2.事業認可

 関係法令の規定により、今後5~7年以内に汚水処理施設(汚水管)を整備する区域を設定します。
 現在の事業認可区域は903ha、完成予定年度は平成28年度です。

3.実施設計

 認可区域内の土地利用や宅地(敷地)内に設置する公共汚水ますの設置場所などを調査し、汚水管を布設(整備)する位置を決定します。

4.受益者負担金

 3.の実施設計と平行して、各年度の整備区域の決定後、整備区域内の受益者に受益者負担金を賦課します。

5.汚水管布設工事(汚水処理施設整備工事)の実施

 各年度の予算に応じて、道路への汚水管布設工事・各宅地(敷地)内への公共汚水ます設置工事を行います。

6.供用開始の告示

 汚水管布設工事と全体の施設検査を終了後、汚水処理施設を利用できる区域を告示します。
 これで、区域内の方々が下水道を使用する準備が整います。

7.敷地内設備(排水設備)

 使用する皆さんの費用負担で、敷地内設備(排水設備)を工事していただきます
 参考…接続(水洗化)のながれ

8.下水道の使用開始

 敷地内設備の工事終了後、市の検査に合格すると、下水道が使用できるようになります。
 使用開始後は、施設の維持管理費の一部に充てるため、使用料を負担していただきます。

組織内ジャンル

都市建設部下水対策課管理係

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)都市建設部下水対策課管理係

電話: 0475-50-1160

ファクス: 0475-52-0204

お問い合わせフォーム