ページの先頭です
メニューの終端です。

敷地内設備(排水設備)とは

[2016(平成28)年4月25日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 敷地内設備(排水設備)とは、ご家庭や事業所、工場などからの汚水を下水道に流すために設置するものです。
 一般的には、トイレや風呂などの流し口から公共汚水ますまでの部分を指し、主に次の設備が挙げられます。

排水管

汚水を流すための管です。

宅内ます

排水管の曲がり角や合流地点などに設置します。
排水・検査・清掃・修理が容易にできるようにします。

トラップ

下水管の悪臭やガスが室内に逆流するのを防ぎます。

整備範囲

 下水道が使えるようになった区域では、お早めに敷地内設備(排水設備)の工事を行い、下水道への接続(水洗化)をお願いします。

  • 公共下水道では、供用開始後3年以内の下水道への接続が義務づけられています。
  • 工事の費用や保守点検は自己負担となります。
  • 工事には基準が定められているので、市が認めた排水設備指定工事店で行なってください。

組織内ジャンル

都市建設部下水対策課維持係

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)都市建設部下水対策課維持係

電話: 0475-50-1163

ファクス: 0475-52-0204

お問い合わせフォーム