ページの先頭です
メニューの終端です。

公共下水道事業受益者負担金

[2012(平成24)年12月18日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 公共下水道の建設費用は、国と県からの補助金、公営企業債(借金)と一般市税でまかなわれますが、その利益(水洗トイレが使えるようになる、浸水の心配 が少なくなる など)を受けられるのは、工事が完了した一部の区域に限られ、市全体で見ると負担の公平性を欠くことになります。

 そこで、都市計画法による受益者負担金制度を採用して条例を定め、利益を受ける区域内に土地をお持ちの方や、地上権などの権利をお持ちの方(受益者)から、土地面積に応じて事業費の一部を負担していただいています。

負担金の計算方法

 「東金都市計画下水道事業受益者負担に関する条例」により、受益者の所有する土地の面積に1平方メートルあたり550円を掛けます。
 その金額を、5年間に分割し、更に4期に分割した計20期で納めていただきます。

 330平方メートル(100坪)の土地を所有している場合
 300平方メートル×550円=181,500円

組織内ジャンル

都市建設部下水対策課管理係

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)都市建設部下水対策課管理係

電話: 0475-50-1160

ファクス: 0475-52-0204

お問い合わせフォーム