ページの先頭です
メニューの終端です。

平成30年度市民提案型協働事業 活動状況報告【生活支援そよかぜ】

[2018(平成30)年7月2日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

生活支援そよかぜ

生活支援そよかぜとは

  ~住み慣れた地域でずっと自分らしい暮らしを続けるために~

 高齢者の方々が在宅生活を送り続けられるよう、有償ボランティアが自宅に訪問し、日常生活の困りごと(掃除や草取り、ごみ出し、買い物など)をお手伝いする事業を行う市民活動団体です。

なお、この事業は、「訪問型生活支援サービス事業」として平成30年度市民提案型協働事業に採択されました。

生活支援そよかぜのサービス利用方法について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

講演会等

 6月10日(日)、ふれあいセンターにて、さんむ医療センター院長の篠原靖志さんによる講演「最期まで自分らしく生きるために」~自宅と病院をつなぐ緩和ケア、を開催しました。(参加者:38名)

講演会の様子

サービス利用者の声 ~企画課職員のインタビューにご回答いただきました~

・退院直後のつらい時期、買い物や掃除などしていただき、とても助かりました。電話後すぐに対応していただけたのも嬉しかったです。また、有償ボランティアということで、かえってお願いしやすかったです。(70代女性)

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)企画政策部企画課市民協働係

電話: 0475-50-1115

ファクス: 0475-50-1299

お問い合わせフォーム


平成30年度市民提案型協働事業 活動状況報告【生活支援そよかぜ】への別ルート