ページの先頭です

乳児ボツリヌス症について

[2017(平成29)年4月20日]

乳児ボツリヌス症に注意~はちみつは満1歳までは与えないでください~

1歳未満の乳児がはちみつを食べることによって乳児ボツリヌス症にかかることがあります。

乳児ボツリヌス症の発生数は少ないですが、重症化すると命に関わることもあるので注意が必要です。

予防のポイント

1歳未満の乳児にははちみつは与えないでください。

はちみつが含まれる黒蜜やシロップもありますので、購入の際は原材料を確認しましょう。

また、1歳を過ぎるまでははちみつ入りの飲料やお菓子なども与えないようにしましょう。

乳児ボツリヌス症とは

1歳未満の乳児がボツリヌス菌の芽胞を摂取することで、発症する病気です。ボツリヌス菌の芽胞は熱に強く、家庭の加熱調理ではほとんど死滅しません。はちみつが主要な原因食品です。

1歳未満の乳児は腸内環境が不安定で、ボツリヌス菌の感染に抵抗力が低いと考えられています。1歳を超えると腸内環境が安定し発症しなくなります。

症状

初期には便秘が数日続き、進行すると、全身の筋力の低下、哺乳力の低下、泣き声が小さくなる、顔の無表情、首のすわりが悪くなるなどの症状が見られます。

関連リンク

このページの担当

東金市 (法人番号 7000020122131)市民福祉部 健康増進課 

電話: 予防係0475-50-1173 成人保健係0475-50-1174 母子保健係0475-50-1234 ファクス: 0475-53-4411

お問い合わせフォーム


乳児ボツリヌス症についての別ルート