ページの先頭です
メニューの終端です。

市指定文化財 閻魔王坐像

[2018(平成30)年3月14日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

指定内容

(市指定)

  • 所在地 田中310
  • 所有者 (管理者)法光寺
  • 指定年月日 昭和56年5月15日
  • 区分 有形文化財(彫刻)
  • その他 1躯

紹介

 この像は田中の法光寺にある。今から約500年前の文明年間、赤人塚の付近にあった閻魔堂内に安置されていたという。長享2年(1487)の酒井定隆の改宗令の際に、破壊されるのをおそれて土中に埋めたのを、寛文年間(1661~1671)土地の人が掘り出して、法光寺に納めたと伝えられている。
 坐高66センチの杉材製で、前後たてに材をはぎ合せた寄木の技法で、右手はなく、もとは彩色されていたが、今は剥落して素地を表わしている。姿はすさまじい冥府の王を表わしながらも、表情にも体勢にも激しさがなく、簡素で穏やかさが認められる。おそらく文明15年(1483)前後の作で、室町期彫刻の特色が滲み出ている貴重な木像である。

地図

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)教育部生涯学習課文化学習振興係

電話: 0475-50-1187

ファクス: 0475-50-1294

お問い合わせフォーム