ページの先頭です
メニューの終端です。

県指定文化財 北之幸谷の獅子舞

[2017(平成29)年12月19日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

指定内容

(県指定)

  • 所在地 北之幸谷
  • 所有者 (管理者)北之幸谷獅子連
  • 指定年月日 昭和39年4月28日
  • 区分 無形民俗文化財

紹介

 

北之幸谷の獅子舞は、北之幸谷地区稲荷神社の氏子に伝承された二人立ちの獅子舞で、伊勢の代神楽の流れであり、起源は不明である。笛・締太鼓・大太鼓・大鼓・小鼓・鉦を使用する演奏者と、獅子舞の演者で構成されている。

本地・本郷・両新田(北・南)の集落にそれぞれの獅子舞があったが、平成19(2007)年に三集落の獅子舞が統合され「北之幸谷獅子連」が誕生。毎年2月、10月、11月に鎮守の稲荷神社を中心に獅子舞奉納を行う。

2月の初午が獅子舞の舞い初めとなり、悪魔祓いのために氏子の家を廻る。秋祭りの10月19日には、神社で神事の後、村廻りを行い、その後に特設した舞台でさまざまな獅子芸、村芝居、手踊り「朝の出がけ」などを上演している。紐解きの11月15日には、稲荷神社に招き、悪魔祓いと子どもの成長を祈願し、獅子舞が舞う。

獅子舞の演目は「序の舞」「平舞獅子」「梯子のぼり」「四つ足」「玉釣り」「蛇狂い」「小狂・大狂」などが披露される。「梯子のぼり」は、獅子が長さ約十メートルの梯子に登る勇壮な舞である。

お囃子は「亀の子」「かまくら」「中山」「追廻し」「馬鹿囃子」などが演奏される。

地図

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)教育部生涯学習課文化学習振興係

電話: 0475-50-1187

ファクス: 0475-50-1294

お問い合わせフォーム