ページの先頭です
メニューの終端です。

市指定文化財 大関城址

[2018(平成30)年3月14日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

指定内容

(市指定)

  • 所在地 依古島80
  • 所有者 (管理者)依古島区
  • 指定年月日 昭和61年12月16日
  • 区分 史跡
  • その他 465,3平方メートル

紹介

 大関城址は、依古島を中心に、南白亀・真亀両川に挟まれた標高4~5メートルの浜堤砂丘地帯にある。依古島の両側には、旧河川跡と思われる低湿地帯が長く南北に続いている。大関城は、この自然の地形をたくみに取り入れた水城で、中世の城としては珍しい存在である。本丸は大関神社の地に、二の丸はその北部に、また、大手門は南方と推定されている。
 『上総国誌』によれば、元久元年(1204)畠山重忠の支族が安房国から上総国に移り、重康の代に大関城を造営して武威を伸ばし、東金酒井氏と相争い、大永6年(1526)12月、酒井隆敏に攻められて大関城は落城、重康は上谷常福寺に逃れたが、自決し畠山氏は滅亡したといわれる。
 現在、依古島・砂古瀬付近には濠・土塁・物見台跡等がある。
 また、上谷には重康を祀る玄勘様があり、歴史を偲ぶ格好の史跡である。

地図

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)教育部生涯学習課文化学習振興係

電話: 0475-50-1187

ファクス: 0475-50-1294

お問い合わせフォーム