ページの先頭です
メニューの終端です。

【海外渡航者用】新型コロナワクチン接種証明書

[2021(令和3)年7月22日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナワクチン接種証明書について

新型コロナウイルスのワクチンを接種された方のうち、海外渡航予定がある方を対象に、接種証明書を発行します。

証明書に記載される内容は次の通りです。

  • 氏名(パスポートに記載されている場合は、別姓や旧姓も記載)
  • 生年月日
  • 国籍
  • 旅券番号
  • ワクチンの接種記録(ワクチンの種類、メーカー、製品名、製造番号、接種年月日)

対象者

次の2つ両方に該当する方が対象となります。

  1. 海外渡航のために必要な方(パスポートの提示が必要です)
  2. 東金市で発行した接種券を使用してワクチンの接種を受けた方

※医療従事者等、勤務先等が発行した接種券を使用して先行接種をされた方は、接種日時点で東金市に住民票がある方が対象となります。


次の方は発行の対象とはなりません

  • 海外渡航の予定がない方
  • 接種を受けていない方

※海外渡航予定がない方の予防接種の証明は、「接種済証」により行います。接種後は大切に保管してください。

※「接種済証」とは、接種券の用紙の右端にある「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」の欄に、ワクチンの製造番号等が記載されたシールが貼られたもののことです。

申請方法

必要書類をそろえ、窓口または郵送により申請してください。

交付方法

後日、返信用封筒により接種証明書を発送します。

申請に必要な書類

  1. 交付申請書
  2. 旅券(パスポート)の写し
  3. 券番号の分かる書類(接種券の用紙)の写し
  4. 接種事実が確認できる書類(接種済証、医療従事者等の方は接種記録書)の写し
  5. 返信用封筒 ※返信に必要な切手が貼られ、宛名が書かれたもの

次の場合は追加で書類が必要となります

○郵送により申請する場合

 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)の写し ※返送先住所が確認できるもの

「券番号の分かる書類(接種券の用紙)」がない場合

 マイナンバーが確認できる書類(マイナンバーカード等)または接種した当時の住所が記載された本人確認書類の写し

旅券(パスポート)に旧姓・別姓・別名(英字)が記載されている場合

 旧姓・別姓・別名(英字)が確認できる本人確認書類(旧姓が併記された運転免許証、マイナンバーカード、戸籍等)の写し

代理人による申請の場合

 (1)委任状、(2)代理人の本人確認書類の写し ※同一世帯員の場合も必要です。

発行費用

無料

申請先

〒283-0005 千葉県東金市田間三丁目9番地1

健康増進課 予防係

受付開始日

令和3年7月26日(月曜日)

問い合わせ先

接種証明書の一般的・制度的事柄に関する質問

厚生労働省 新型コロナウイルスワクチンに係る電話相談窓口(コールセンター)

0120-761770(土日・祝日を含む9時~午後9時)

申請方法について

東金市新型コロナワクチン接種コールセンター

0475-52-0830(平日9時~午後5時)

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)市民福祉部健康増進課予防係

電話: 0475-50-1173 (特定健診:0475-50-1252)

ファクス: 0475-53-4411

お問い合わせフォーム


【海外渡航者用】新型コロナワクチン接種証明書への別ルート