ページの先頭です
メニューの終端です。

松本山雅FCが東金市で初キャンプ

[2019(平成31)年2月3日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

松本山雅FCが東金市で初キャンプ

松本山雅FC

友好都市の長野県安曇野市を含む7市町村をホームタウンとする松本山雅FCが東金アリーナでキャンプを行いました。
松本山雅FCは2018年シーズンにJ2リーグで優勝し、2019年シーズンはJ1リーグに参戦する強豪チームです。
1月22日から2月2日までの12日間、温暖な東金市でキャンプを行い、2月のJリーグ開幕に備えて練習をしました。
期間中は城西国際大学とのトレーニングマッチや小学生を対象とした「サッカークリニック」も行われ、多くのサポーターが駆けつけました。

東金黒豆みそ鍋の会が「家康鷹狩り鍋」を選手らに

1月31日に東金黒豆みそ鍋の会のみなさんが松本山雅FCの選手たちに「家康鷹狩り鍋」を振舞ってくれました。
東金黒豆みそ鍋の会は、東金産の黒豆から作った黒豆味噌でまちおこしをしている団体で、この日は松本山雅FCの東金キャンプを歓迎するために腕を振るってくれました。
「家康鷹狩り鍋」は2017年の「ニッポン全国鍋グランプリ」(日本最大級の鍋コンテスト)で第3位に輝いたおいしい鍋です。
コクと甘みのある黒豆味噌の味を気に入っていただけたようで、選手たちは何度もおかわりをして、東金の味を存分に味わっていました。
東金黒豆みそ鍋の会は、松本山雅FCのホームタウンである長野県安曇野市で開催される「第5回記念信州安曇野ハーフマラソン」(2019年6月2日開催)にも出店を予定しています。

パウロ・ロベルト・ゴンサガ選手の写真

パウリーニョこと、パウロ・ロベルト・ゴンサガ選手も上手な日本語で「うどんバージョン」を注文。

永井龍選手の写真

永井龍選手。

前田大然選手の写真

前田大然選手。

高崎寛之選手の写真

高崎寛之選手。

今井智基選手の写真

柏レイソルから移籍した今井智基選手。

町田也真人選手の写真

(左)ジェフ千葉から移籍した町田也真人選手。

榎本樹選手と山本龍平選手の写真

ルーキーのお二人(左:榎本樹選手・右:山本龍平選手)もたくさんおかわりしてくれました。

東金キャンプでブリオベッカ浦安とトレーニングマッチ

1月30日に松本山雅FCが東金アリーナでブリオベッカ浦安とトレーニングマッチを行いました。

高橋諒選手の写真

激しい競り合いをする左サイドバックの高橋諒選手。

中美慶哉選手の写真

シュートを決めたMF中美慶哉選手。「シュートはあまり良くなかったけど、敵陣でボールを奪うとチャンスになる。チームでやってきたことを活かせたゴールでした。」とコメント。

前田大然選手の写真

ディフェンスの裏に抜け出し、ボールをキープするFW前田大然選手。この日はペナルティエリア内でファウルを受け、自らPKを決めました。

東金キャンプで城西国際大学とテストマッチ&東金市サッカークリニック

1月26日に松本山雅FCが東金アリーナで城西国際大学サッカー部とのトレーニングマッチを行いました。
また、現役Jリーガーによる「東金市サッカークリニック」も行われ、市内の小学生4~6年生91人が参加しました。

山本龍平選手の写真

城西国際大学とのトレーニングマッチで左サイドを駆け上がるMF山本龍平選手。

前田大然選手の写真

ドリブルをするFW前田大然選手。前田選手は年代別日本代表にも選ばれるスピードスター。

レアンドロ・ペレイラ選手の写真

シュートを放つFWレアンドロ・ペレイラ選手。迫力満点です。

サッカークリニックで指導する村山智彦選手の写真

現役JリーガーのGK村山智彦選手がサッカークリニックで指導してくれました。

サッカークリニックの写真2

村山智彦選手は千葉県出身なので親近感があります。

サッカークリニック写真3

ボールを迎えに行くようにキャッチすること。

サッカークリニックの写真4

未来のJリーガーがこの中にいるかもしれません。

サッカークリニックの写真5

ハイボールもがっちりキャッチ。

サッカークリニックの写真6

ゴールキーパーのメンタルについても指導してくれました。

サッカークリニックの写真7

参加者たちは真剣に聞いていました。

サッカークリニックの写真8

「キーパー」(俺に任せろ)の大きな声が響き渡りました。

サッカークリニックの写真9

飛ぶんじゃなくて、低く素早くキャッチすること。

サッカークリニックの写真10

お手本を見せてくれる村山智彦選手。

サッカークリニックの写真11

村山智彦選手のシュートをキャッチ。

サッカークリニックの写真12

村山智彦選手の熱のこもった指導。

サッカークリニックの写真13

村山智彦選手が「ナイスキーパー」と声をかけてくれました。

サッカークリニックの写真14

村山智彦選手のセービング。参加者は真剣なまなざし。

サッカークリニックの写真15

がんばれ、未来のJリーガー

サッカークリニックの写真16

村山智彦選手が見守る中、1対1の練習。

サッカークリニックの写真17

ポジショニングについての指導。

サッカークリニックの写真18

最後は村山智彦選手の本気シュート??を受けました。

サッカークリニックの写真19

参加者と記念撮影。みんなうれしそう。

東金キャンプ1日目&歓迎セレモニー

1月22日に松本山雅FCが東金アリーナで「第1次キャンプ」をスタートしました。

歓迎セレモニーの写真1

この日、東金市では歓迎セレモニーを開催しました。
鹿間市長は「市民とともに歓迎します。実りあるキャンプになるようお祈りします。」と選手たちを激励。

東金市の特産品を贈呈する写真

松本山雅FCのみなさんに東金市の特産品=苺(チーバベリー)を贈呈。
写真中央、左から反町監督(松本山雅FC)、鹿間市長(東金市)、飯田教育長(東金市)、選手代表(松本山雅FC)、中村東金市体育協会副会長(東金市)。

あいさつをする反町監督の写真

歓迎セレモニーであいさつをする反町監督。「1か月後に迫ったJ1開幕に向けて、暖かい地でよい合宿ができるようにがんばります。」とのこと。

全員で記念撮影

選手スタッフ全員で記念撮影。
スタンドには長野県から駆けつけたサポーターも・・・。
そして、東金市民の松本山雅FCサポーターもスタンドにいて「大好きな松本山雅FCが東金市でキャンプをすることを知り、びっくりしました。今年はJ1でがんばって欲しいです。」と応援メッセージを頂きました。

トレーニングをする選手たちの写真1

選手たちは天然芝の感触を確かめながら練習を開始しました。

トレーニングをする選手たちの写真2

巧みなボールタッチで、素早いボール回しを見せる松本山雅FCの選手たち。

トレーニングをする選手たちの写真3

この日の松本市の天気は雪。比較すると東金市は10度以上温かいとのことでした。

お問い合わせ


松本山雅FCが東金市で初キャンプへの別ルート