ページの先頭です

大人(妊娠希望女性など)の風しんワクチン接種費用の一部助成について

[2018(平成30)年4月9日]

大人の風しんワクチン接種費用の一部助成について

 妊娠した女性が風しんにかかると、赤ちゃんに難聴、心疾患、白内障などの障がいがでる可能性があります。これを、「先天性風しん症候群」といいます。

 先天性風しん症候群を予防するため、風しんワクチン接種を受けた方に接種費用の一部助成を行います。助成を受けるには、接種日の翌日から起算して2年以内に、健康増進課(ふれあいセンター内)の窓口で申請が必要です。

 

対象

 次の(1)及び(2)に該当する方

(1)接種日に東金市に住民登録があり16歳以上50歳未満の方

(2)妊娠を予定もしくは希望する女性又は妊婦の夫(事実婚の方も含みます。)

 

助成金額

 風しんワクチン:3,000円

 麻しん風しん混合ワクチン:5,000円

 ※対象の方で生活保護を受けている方は全額支給

 

申請方法

 次の(1)~(7)を健康増進課に持参してください。後日、市から金融機関への振込で接種費用の一部助成を行います。

(1)申請書

(2)接種済証(風しんワクチンの接種であることおよび被接種者名、接種年月日、接種医療機関(医師名)を確認できる書類)。ただし、領収書の記載で風しんワクチンの接種であることが確認できる場合を除く。
※医療機関によっては有料となる場合がございますのでご確認ください。

(3)ワクチン接種に係る領収書

(4)印かん

(5)振込先の金融機関名、口座番号などがわかるもの

(6)妊婦の夫の場合、母子健康手帳(子の保護者欄に記入済みのもの)

(7)代理人(同居の親族を除く。)が申請を行う場合、委任状

 

東金市風しんワクチン接種費用助成金交付申請書・委任状

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請場所

東金市保健福祉センター(ふれあいセンター)
〒283-0005 東金市田間三丁目9番地1 (地図

 

医療機関について

 風しんワクチンは、かかりつけの医療機関での接種を心がけてください。市外医療機関でも助成可能です。

 

※接種には予約が必要な場合があります。必ず、医療機関に事前の問い合わせをしてください。

※麻しん風しんワクチンのみ取り扱う医療機関がありますので、予約の際にご確認ください。

 

※ワクチン接種による健康被害は任意接種であることから市が保証するものではなく、医薬品医療機器総合機構法の規定により補償されます。

 

先天性風しん症候群とは

 風しんに対する免疫が不十分な妊娠初期の女性が風しんウイルスに感染すると、胎児も風しんウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、そして精神や身体の発達の遅れ等の症状をもった赤ちゃんがうまれる可能性があります。赤ちゃんのこれらの病気を先天性風しん症候群といいます。

 先天性風しん症候群の予防のためには、妊娠を予定又は希望する女性は、妊娠前に予防接種を受けることが最も重要です。また、妊婦への感染の可能性を減らすため、妊婦の周囲の方をはじめ、男性を含めたより多くの方が予防接種を受けておくことが望ましいです。(ただし妊娠中の女性は風しんの予防接種を受けることはできません。)

 

このページの担当

東金市 (法人番号 7000020122131)市民福祉部 健康増進課 予防係 

電話: 0475-50-1173 (特定健診:0475-50-1252) ファクス: 0475-53-4411

お問い合わせフォーム


大人(妊娠希望女性など)の風しんワクチン接種費用の一部助成についての別ルート