ページの先頭です
メニューの終端です。

市指定文化財 下武射田妙本寺の梛

[2017(平成29)年12月19日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

指定内容

(市指定)

  • 所在地 上・下武射田区入会地16
  • 所有者 (管理者)妙本寺
  • 指定年月日 昭和60年8月22日
  • 区分 天然記念物
  • その他 1樹

紹介

 梛はマキ科に属し、別名を「ちからしば」という。本州近畿以西の山野に自生し、庭木として社寺内に多く見られる。常緑で喬木となり、雌雄別株で、葉面には光沢があり、その繊維は強靭である。雌花は円柱状の花穂が束状に着き、種子は10月に熟し球形である。樹皮は染料とし、材は家具に用いられる。
 この梛は雌株で、目通り2.06メートル、樹高約15メートル、樹齢は300年近いと推定されている。
 正徳元年(1711)、妙本寺本堂再建を機に、檀信徒の献木によるものと伝えられている。
 この名木は、古来「梛」は「凪」に通ずるところから晴天を祈り、また、その樹皮は、悪鬼をはらい災難を除く霊木として、崇敬されてきた。

地図

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)教育部生涯学習課文化学習振興係

電話: 0475-50-1187

ファクス: 0475-50-1294

お問い合わせフォーム