ページの先頭です
メニューの終端です。

公共下水道とは

[2012(平成24)年12月18日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 下水道は、「汚水処理」と「雨水処理」を行う施設です。
 東金市では、汚水と雨水を別々に処理する「分流式」を採用しています。

汚水処理

 家庭や事業所などから出る汚れた水を一か所に集め、きれいにして自然に返します。

  • 水洗トイレが使えるようになります。
  • 汚いドブ等がなくなり、悪臭や害虫の発生が減ります。
  • 汚水が川や海、湖に流れなくなり、美しい自然が守られます。

雨水処理

 雨水を集めて河川等へ流します。

  • 大雨による浸水を防ぎます。

汚水処理の仕組み

汚水処理の仕組み

1 宅内排水

 台所やお風呂、トイレの汚水は、管に直接流れ込みます。

2 汚水管

 公共汚水ますから汚水を受け集め、処理場に送ります。
 汚水管は道路に布設されています。

3 汚水中継ポンプ場

 自然流下(高所から低所へ自然に流れること)で集めた汚水をポンプで吸い上げ、処理場へ送ります。

4 沈砂池(ちんさち)・ポンプ室

 集めた汚水から大きなごみや土砂を取り除き、最初沈殿池に送ります。

5 最初沈殿池(さいしょちんでんち)

 汚水を少しずつ流しながら、比較的沈みやすい浮遊物(汚泥)を沈殿させます。
 沈殿した汚泥は、汚泥処理施設で処理します。

6 反応タンク

 「ばっ気槽」とも呼ばれます。
 汚水に好気性微生物(バクテリア等)を多量に含んだ活性汚泥と空気を吹き込み、その働きで汚水中の有機物を分解します。

7 最終沈殿池(さいしゅうちんでんち)

 反応タンクで生物化学的に分解された物質を沈殿させます。
 沈殿した活性汚泥は再び反応タンクに送り、余った汚泥は汚泥処理施設に運んで処理します。

8 水質試験

 消毒などで法定基準の水質にして、川や海に流します。
 水質試験は随時行われています。

9 汚泥(おでい)処理施設

 最初沈殿池と最終沈殿池で沈殿した汚泥の濃度を濃縮槽で上げ、脱水機で水分を取り除きます。
 処理された汚泥は、委託している産業廃棄物処理業者によって処理されます。

組織内ジャンル

都市建設部下水対策課維持係

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)都市建設部下水対策課維持係

電話: 0475-50-1163

ファクス: 0475-52-0204

お問い合わせフォーム