ページの先頭です

下水汚泥の放射性物質濃度の測定結果

[2017(平成29)年12月28日]

 東金市では公共下水道汚泥の放射性物質濃度検査を昨年度に引き続き実施しています。

1 測定結果

東金市浄化センター 所在地(東金市家徳)

脱水汚泥の測定 測定値(ベクレル/kg)
採取日測定日セシウム134セシウム137セシウム合計
平成29年  4月14日平成29年  4月14日不検出不検出不検出
平成29年  5月15日平成29年  5月15日不検出不検出不検出
平成29年  6月16日平成29年  6月16日不検出不検出不検出
平成29年  7月14日平成29年  7月14日不検出不検出不検出
平成29年  8月17日平成29年  8月18日不検出不検出不検出
平成29年  9月15日平成29年  9月19日不検出不検出不検出
平成29年10月16日平成29年10月17日不検出不検出不検出
平成29年11月16日平成29年11月16日不検出不検出不検出
平成29年12月15日平成29年12月18日不検出不検出不検出

測定:ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリーによる。

※平成23年6月16日、国土交通省より「放射性物質が検出された上下水処理等副次産物の当面の取扱いに関する考え方について」が発表されています。

2 汚泥の処分について

 浄化センターから発生した汚泥は、現在セメント材料として再利用しています。

このページの担当

東金市 (法人番号 7000020122131)都市建設部 下水対策課 維持係 

電話: 0475-50-1163 ファクス: 0475-52-0204

お問い合わせフォーム


下水汚泥の放射性物質濃度の測定結果の別ルート