ページの先頭です
メニューの終端です。

保健事業における「外国人家族支援」に関する産学官連携協定

[2020(令和2)年9月24日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

保健事業における「外国人家族支援」に関する産学官連携協定を締結

東金市は「外国人家族を支援する優しい街」を目指します

 東金市は、令和2年9月17日に「保健事業における『外国人家族支援』に関する連携協定」を、城西国際大学および医療通訳事業を手掛けるメディフォン株式会社と締結しました。

 現在、東金市における外国人の妊娠届出者数は年々増加しています。そこで、出産・育児に直面する外国人家族を支援するため、出産時や子育てに必要な情報、日常生活に関する案内をやさしい日本語とやさしい英語で、かつイラストを使いわかりやすく伝えることで、安心して暮らしてもらえる環境づくりを産学官の異なる立場による相互連携により、「外国人家族を支援する優しい街」を目指してまいります。

協定期間

 協定締結日 令和2年9月17日から1年間(以降、1年単位の自動更新。)

令和2年度の連携事業

  1. 外国人家族が出産・育児をしていく上で必要な情報について、医療用語などの難しい言葉を使わずにやさしい日本語とやさしい英語で、かつイラストを用いて、目で見てわかりやすいリーフレット等を作成する。
  2. 保健師が保健指導を行う際に頻出する定型フレーズを抽出し、機械翻訳に学習させる。
締結式の様子

左から杉林学長、鹿間市長、澤田代表取締役

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)市民福祉部健康増進課地域保健係

電話: 0475-50-1234

ファクス: 0475-53-4411

お問い合わせフォーム


保健事業における「外国人家族支援」に関する産学官連携協定への別ルート