ページの先頭です
メニューの終端です。

高齢者のインフルエンザ予防接種

[2019(令和元)年10月15日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

高齢者のインフルエンザについて

 インフルエンザの予防接種を希望する方が、接種期間中に接種をしたとき、接種費用の一部を市が補助します。

 

対象

東金市に住民登録があり(1)または(2)に該当する方

(1)接種日当日に65歳以上の方

(2)接種日当日に60歳以上65歳未満で、心臓・腎臓・呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障がい(身体障害者手帳1級程度)がある方

 

接種期間

10月1日から12月31日まで

※接種期間中に新たに対象者となる方は「対象者となった日から12月31日まで」が接種期間となりますのでご注意ください。

 

接種補助金

1,500円

 

接種費用

 医療機関が設定する接種費用のうち、市が1500円を補助します。接種当日に医療機関から差額(自己負担分)の請求がありますので、その場でお支払いください。

※接種費用の補助は1回に限ります。
※接種費用は医療機関ごとに異なるため、直接医療機関にお問い合わせください。
※対象者のうち、生活保護法による被保護者については、自己負担分も市が補助します。接種を希望する場合は、社会福祉課で生活保護受給証明書の発行を受けて医療機関に持参してください。

 

持ち物

  • 健康保険証
  • 予診票(送付された方のみ)
  • 生活保護受給証明書(生活保護法による被保護者のみ)

※本制度を一昨年以降に利用した方と、今年65歳になる方には予診票を送付しました。

※対象者で、予診票が届かなかった方や、紛失された方は、市内協力医療機関または山武郡市内契約医療機関に置いてある予診票を使用してください。

 

医療機関

インフルエンザの予防接種が可能な医療機関

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

インフルエンザとは

 インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こります。インフルエンザにかかった人が咳やくしゃみなどをすることにより、ウイルスが空気中に広がり、それを吸い込むことによって感染します。

 インフルエンザの症状は、突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などで、普通のかぜに比べて全身症状が強く、気管支炎や肺炎などを合併し、重症化することが多いのもインフルエンザの特徴です。

 インフルエンザが流行すると、特に65歳以上の高齢者や慢性疾患患者で死亡率が普段より高くなるという点でも普通のかぜとは異なります。

 

インフルエンザの予防と予防接種

 インフルエンザは空気中に拡散されたウイルスによって感染しますから、感染予防のためには、人混みは避けましょう。また、常日頃から十分な栄養や休息をとることも大事です。外出時のマスクや帰宅時のうがい、手洗いは、普通のかぜの予防と併せておすすめします。

 インフルエンザの予防に予防接種の有効性は世界的にも認められています。わが国においても高齢者の発病防止や特に重症化防止に有効であることが確認されています。より効果的に有効性を高めるためには、毎年インフルエンザが流行する前の12月中旬までに接種を済ませることが必要です。

 

組織内ジャンル

市民福祉部健康増進課予防係

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)市民福祉部健康増進課予防係

電話: 0475-50-1173 (特定健診:0475-50-1252)

ファクス: 0475-53-4411

お問い合わせフォーム