ページの先頭です
メニューの終端です。

「ガスと暮らしの安心」運動キャンペーン

[2020(令和2)年9月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「ガスと暮らしの安心」運動を実施中です!

9月1日から11月30日まで、「ガスと暮らしの安心」運動を実施しています。この機会にガス機器やガスコードの安全点検をしましょう。

  • ガス機器はガスの種類にあったものを使用し、引っ越しや新しいガス機器を購入するときは、必ずガスの種類を確認しましょう。(東金市の都市ガスには「12A」と表示されている機器が適合します。プロパン用の機器やガスコードは使用できません。)
  • ガス機器やガスコードは、こまめに掃除・点検しましょう。
  • 不完全燃焼防止機能装置付き小型湯沸器や立消え安全装置付きガステーブルなどでガス事故を防止しましょう。
  • 万一のガス漏れに備え、24時間ガス漏れを監視するガス警報器を設置しましょう。不完全燃焼で発生する一酸化炭素や火災も感知する「複合型」ならさらに安心です。

ガスと安全につきあう5ヶ条

  1. ガス臭いと感じたら窓や戸を大きく開けて換気をし、すぐにガス課に連絡する。換気扇などのスイッチは着火源となるおそれがあるので、絶対に触れない。
  2. 換気を十分にして不完全燃焼を起こさない。
  3. 風呂、洗濯機、シャワーに小型湯沸器は使用しない。
  4. 料理中は、ガスコンロから離れない。
  5. 地震が発生したら、まず落ち着いて使用中のガス機器の栓と元栓を閉める。

一酸化炭素中毒の危険性について

一酸化炭素は、無色・無臭で感知しにくい気体ですが、毒性は強力です。一酸化炭素を吸い込むと身体が酸素欠乏状態となります。ガス機器を使用中に脱力感、頭痛、めまい、吐き気、目がチカチカする等の症状が出たら、それは一酸化炭素中毒の初期状態です。重症になると、手足がしびれて動けなくなったり、意識不明や死亡に至ることがあります。

ガス機器とガス栓は、正しい接続を

ガス機器とガス栓は、タイプによって接続に使用するゴム管、ガスコードなどが異なります。無理な接続は、ガス漏れ、火災などの原因になります。ガス機器、接続具の取扱説明書をよく読み、形状のあったものを正しく接続しましょう。特に季節に応じて出し入れするガスファンヒーターは注意しましょう。

業務用にガスをお使いの方へ

近年、業務用厨房での一酸化炭素中毒事故が多発しています。ガス機器使用時は必ず換気扇・排気設備を使用しましょう。不充分な換気や排気は、一酸化炭素中毒の原因になります。特に油や粉を多く使用する厨房では、短期間で給排気口などが閉塞しやすく、換気状況が悪化するおそれがあります。ガス機器や換気設備の日常のお手入れ・定期的なメンテナンスが必要です。一酸化炭素中毒はお店の方だけでなく、お客様にも被害が出るケースがあります。

「ガスと暮らしの安心」運動キャンペーン

一般社団法人日本ガス協会では、「ガスと暮らしの安心」運動期間中にクイズやアンケートに答えると抽選でプレゼントが当たるキャンペーンを展開しています。

※キャンペーンサイトへは、下記画像をクリックして移動できます。

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)経済環境部ガス課

電話: 0475-52-2408

ファクス: 0475-55-6271

お問い合わせフォーム


「ガスと暮らしの安心」運動キャンペーンへの別ルート