ページの先頭です
メニューの終端です。

配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて

[2018(平成30)年12月27日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて

平成29年度税制改正により、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しが行われ、配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額等が改正されました。

この制度は平成30年分所得税、平成31年度市民税・県民税から適用されます。

 

配偶者控除について

配偶者控除における、納税義務者(扶養主)に所得制限が定められました。納税義務者(扶養主)の合計所得金額が900万円を超えると控除額が減少し、1,000万円を超えると控除適用外となります。

改正前

改正前
 配偶者控除老人控除対象配偶者
納税義務者の所得制限なし33万円38万円

改正後

改正後
 配偶者控除老人控除対象配偶者
納税義務者の合計所得金額(給与収入)900万円以下
(~1,120万円)
33万円38万円
900万超950万円以下
(~1,170万円)
22万円26万円
950万円超1,000万円以下
(~1,220万円)
11万円13万円

※括弧内の金額は給与所得だけの場合の給与等の収入金額です。

※控除対象となるのは、配偶者の合計所得金額が38万円以下の場合です。

 

配偶者特別控除について

配偶者控除と同様、納税義務者(扶養主)の合計所得金額が900万円を超えると控除額が減少し、1,000万円を超えると控除適用外となります。また、配偶者特別控除の控除額が改正されたほか、適用範囲が配偶者の合計所得金額123万円以下に拡大されます。

改正前

改正前
配偶者特別控除配偶者の合計所得金額
38万円超76万円未満
(103万円超141万円未満)
33万円~3万円
※納税義務者の合計所得金額が1,000万円以下(1,220万円以下)の場合に限る。
配偶者の合計所得金額
76万円以上
(141万円以上)
控除適用外

改正後

改正後
 納税者本人の合計所得金額(万円)
900万円以下900万超950万円以下950万円超
配偶者特別控除配偶者の合計所得金額
(給与収入)
38万超85万円以下(~150万円)332211
85万超90万円以下(~155万円)332211
90万超95万円以下(~160万円)312111
95万超100万円以下(~167万円)26189
100万超105万円以下(~175万円)21147
105万超110万円以下(~183万円)16116
110万超115万円以下(~190万円)1184
115万超120万円以下(~197万円)642
120万超123万円以下(~201万円)321

※括弧内の金額は給与所得だけの場合の給与等の収入金額です。

組織内ジャンル

総務部課税課市民税係

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)総務部課税課市民税係

電話: 0475-50-1128

ファクス: 0475-50-1295

お問い合わせフォーム