ページの先頭です
メニューの終端です。

感震ブレーカーで電気火災予防

[2018(平成30)年8月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

地震による電気火災対策には、感震ブレーカーが効果的です!

阪神・淡路大震災、東日本大震災では、電気器具の転倒による火災や停電後の電気復旧時に火災が発生する 通電火災 が多発しました。

災害時に原因となる火災対策に効果的とされるのが、「感震ブレーカー」です。

感震ブレーカーとは

一般的なブレーカーは漏電には対応していますが、地震による火災には効力はありません。

感震ブレーカーは、地震を感知して電気を止めるもので、地震感知から電気の停止までに数分間の猶予をもたせるタイプや、特定のコンセントのみ遮断するタイプなどもあり、各家庭の状況により使い分けることが可能です。

感震ブレーカーをつけましょう(内閣府)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

火災予防対策をしましょう

感震ブレーカーは、通電火災対策に大変有効です。地震による火災を防ぐためにも、各家庭で火災予防に取り組みましょう。

また、地震による火災の原因は通電火災だけではありません。

ガスや石油ストーブなどの暖房機器による火災も想定し、二重三重の火災予防対策を講じることが必要です。

組織内ジャンル

総務部消防防災課防災対策係

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)総務部消防防災課防災対策係

電話: 0475-50-1226

ファクス: 0475-50-1299

お問い合わせフォーム