ページの先頭です
メニューの終端です。

学校長から

[2019(平成31)年4月18日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 

「放課後子ども教室」

 


 

 夏休みが始まった7月下旬に、低学年を対象に「放課後子ども教室」を東金市中央公民館で実施しました。3日間で延べ139名の児童が、学習にとりくみました。

 参加した児童たちは、宿題や自らの課題に、一生懸命とりくんでいました。指導者として協力してくださった城西国際大学や退職された先生方の皆さんに勉強を教えていただき、学力を向上させていました。

 大河ドラマ「西郷どん」が放映されています。当時の薩摩藩は、人材育成を大切にし、教育に力を注いでいました。その一つに、「郷中(ごじゅう)教育」というものがあったそうです。郷中教育とは、近所の子ども同士で学び合う教育制度だそうです。

 勉強ができるようになることはとても重要です。一方、社会性を身に付けていくことも大切です。年長者が年下の者に学びを伝えることにより、人間関係が生まれます。教えられる年下の者も、年長者も社会性を身に付けていきます。

 いつか、あの「放課後子ども教室」が、児童たちの教え合いを中心として進められることを目指して、重ねていきたいと思います。冬休みには、高学年を対象に実施したいと考えています。

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)教育部学校教育課(小学校)鴇嶺小学校

電話: 0475-52-3402

ファクス: 0475-52-3447