ページの先頭です
メニューの終端です。

沿革・児童数

[2018(平成30)年9月7日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

源小学校の概要

(1)沿革

源小学校の沿革
明治6年5月下布田小学校を設立
昭和16年4月源尋常高等小学校を源国民学校と改称
昭和22年4月源村立源小学校と改める。
昭和33年4月東金市立源小学校となる。
昭和37年4月給食開始
昭和48年11月創立100周年記念式典
昭和53年12月体育館完成
昭和55年3月新校舎落成
昭和56年1月給食室落成
昭和56年7月運動場整備
平成1年8月裏山アスレチック完成
平成2年4月源バス運行開始
平成8年4月源幼稚園移転
平成9年4月千葉県特殊教育センター研究協力校指定
千葉県さわやかコミュニティ推進地域指定
平成9年11月第1回くすのき展を東金文化会館にて開催
平成10年12月創立125周年記念第2回くすのき展を開催
平成12年11月才能開発実践教育賞受賞
平成16年11月千葉県教育功労賞受賞
平成18年3月運動広場排水工事,体育倉庫設置
平成18年4月アスベスト除去工事完了
平成19年8月くすのきグランド暗渠排水工事
平成20年1月東金市民駅伝大会小学生の部準優勝
平成20年4月特別支援学級1学級増設
平成22年3月体育館耐震工事完了
平成22年6月山武郡市陸上競技会男子総合3位
平成27年1月東金市制60周年記念くすのき集会
平成27年8月校舎耐震工事完了・トイレ改修工事
平成28年10月体育館多目的トイレ完成
平成29年1月くすのき展20周年記念集会

(2)学区の概要

本校は、東金市の中心部より北へ9km程の地点にある、最も近い鉄道JR総武本線日向駅まで、3kmの距離にある。学区は、極楽寺・上布田・滝沢・酒蔵・三ヶ尻・新極楽寺の6地区からなり、山武市植草地区・下布田地区からの区域外就学の児童を受け入れている。

明治時代に村民協力して、村の経営の実をあげ、全国三模範村の一つに数えられた。今でもその伝統を受け継ぎ教育への関心は高い。畑・水田・山林に囲まれた地区であるが、保護者の職業は多岐にわたり、専業の農業従事者は極めて少なくなっている。

八街市に隣接する新極楽寺地区に団地が造成され、源地区内での人口比率が高くなっている。

児童の多くは、源地区で用意した通学バスを利用して登下校をしている。

児童は、緑豊かな自然環境の中で育っているためか、純真で素直であり、勤労をいとわず作業活動に意欲的に取り組む児童が多い。近年、児童数は減少傾向にある。

(3)在籍児童数

 (平成30年5月1日現在)

在籍児童数一覧表
特別支援1年2年3年4年5年6年

(2)

631
(1)
34
(1)
219
(2)
033315116
(2)964
(1)
49
(1)
335
(2)

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)教育部学校教育課(小学校)源小学校

電話: 0475-55-9613

ファクス: 0475-50-5010