ページの先頭です
メニューの終端です。

国民健康保険・後期高齢者医療加入者へのお知らせ

[2018(平成30)年8月9日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

70歳以上の方の高額療養費の自己負担限度額が変わります

平成30年8月診療分より70歳以上の方の1か月ごとの高額療養費の自己負担限度額が下表のとおりとなります。

※低所得1及び低所得2については変更ありません。

自己負担限度額 70歳以上
所得による区分所得要件自己負担限度額
外来(個人単位)
自己負担限度額
外来+入院(世帯単位)
現役並み3所得690万円以上252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
【4回目以降:140,100円】※(1)
現役並み2所得380万円以上167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
【4回目以降:93,000円】※(1)
現役並み1所得145万円以上80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
【4回目以降:44,400円】※(1)
一般所得145万円未満18,000円
【年間上限:144,000円】※(2)
57,600円
【4回目以降:44,400円】※(1)
低所得2※(3)8,000円24,600円
低所得1※(4)8,000円15,000円

※(1)過去12か月間に同一世帯で4回目以降の支給となる場合の自己負担限度額です。

※(2)適用区分「一般」の外来(個人単位)について、8月1日から翌年7月31日までにかかった医療費の自己負担額に適用される自己負担限度額

※(3)低所得2とは、世帯主およびその世帯の国保加入者全員が住民税非課税である世帯をいいます。

※(4)低所得1とは、世帯主およびその世帯の国保加入者全員が住民税非課税で、さらに世帯主およびその世帯の国保加入者全員の所得の合計が0円である世帯をいいます。(年金の所得は控除額を80万円として計算します。)

組織内ジャンル

市民福祉部国保年金課国保給付係

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)市民福祉部国保年金課国保給付係

電話: 0475-50-1250

ファクス: 0475-50-1288

お問い合わせフォーム


国民健康保険・後期高齢者医療加入者へのお知らせへの別ルート