ページの先頭です
メニューの終端です。

健康メモ(「お子さんを夏の事故から守りましょう」) 広報とうがね平成29年8月15日号

[2018(平成30)年3月27日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「お子さんを夏の事故から守りましょう」

夏は海水浴やプール、キャンプ、花火など楽しいイベントの機会が増えますが、その反面、子どもの事故も多くなる季節です。

水の事故

 子どもの水の事故で最も多いのは、お風呂場での事故です。子どもは水深10cmでも溺れてしまうことがあります。

  • 浴槽に風呂の残り湯をためず、浴室の施錠を習慣にする。 
  • 水遊びをする際は保護者や大人が必ず付き添いましょう。
  • 川や海ではライフジャケットを着用しましょう。

火の事故

  • タバコやライター、着火剤は、子どもの手の届かないところに置く。
  • 花火に書いてある注意事項をよく読んで、必ず守る。
  • 必ず大人が付き添い、火をつけるところから消えるところまで見守る。

  • 火気の近くで走ったり、ふざけたりしない。

車内での事故

 夏の車内は短時間でも高温になります。そのため重度の熱中症になりやすく、死に至るケースもでています。

  • 短時間でも、車内に子どもだけを残して離れることは、絶対にしない。
  • 子どもを車のシートに座らせるときは、金具など高温部でのやけどに注意。

 

大人の目で子どもを事故から守り、たくさんの体験がすてきな夏の思い出になるようにしたいですね。

  • 健康増進課 保健師

 

関連コンテンツ

健康メモ

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)市民福祉部健康増進課

電話: 予防係0475-50-1173 地域保健係0475-50-1234 健康づくり係0475-50-1174

ファクス: 0475-53-4411

お問い合わせフォーム