ページの先頭です

国民健康保険税

[2017(平成29)年4月1日]

国民健康保険税

国民健康保険税は、医療給付費分・後期高齢者支援金等分・介護納付金分から構成されていて、毎年7月に世帯ごとに課税されます。

・医療給付費分とは、国民健康保険加入者の医療費の支払いに充てる財源となります。

・後期高齢者支援金等分とは、後期高齢者医療制度を支援するための財源となります。

・介護納付金分とは、介護保険に充てる財源となり、40歳以上65歳未満の方に課税されます。

税額はそれぞれ所得割・均等割・平等割(医療給付費分のみ)にわかれていて、国民健康保険に加入している方一人ひとりの所得に応じて計算し、その合計が世帯の税額となります。

各年度の税額は、4月1日(年度途中に加入したときは加入日)から翌年3月31日まで国民健康保険に加入しているものとして計算します。なお、年度途中で新たに加入する方がいる場合や年度途中で離脱する方がいる場合は、月割りにして再計算します。

保険税の計算

医療分(加入者全員に加算)・・・・・賦課限度額 54万円

区分

内容

平成29年度の税率

所得割

加入している人の所得に応じて計算

(前年の総所得金額等から基礎控除33万円を引いた金額に右記の税率を乗じた額)

6.9%

均等割

加入している人数に応じて計算(1人あたり)

21,000円

平等割

一世帯あたり

27,000円

※総所得金額等には利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、一時所得、雑所得、土地等の譲渡等にかかる事業所得等の金額、土地建物等の短期・長期譲渡所得の金額、株式等にかかる譲渡所得等の金額、先物取引にかかる譲渡所得の金額、条約適用利子等にかかる利子所得等の金額、山林所得などの金額が含まれます。
支援分(加入者全員に加算)・・・・・賦課限度額 19万円

区分

内容

平成29年度の税率

所得割

加入している人の所得に応じて計算

(前年の総所得金額等から基礎控除33万円を引いた金額に右記の税率を乗じた額)

2.9%

均等割

加入している人数に応じて計算(1人あたり)

13,000円

介護分(40歳から64歳の方に加算)・・・・・賦課限度額 16万円

区分

内容

平成29年度の税率

所得割

40歳から64歳の被保険者の所得に応じて計算

(前年の総所得金額等から基礎控除33万円を引いた金額に右記の税率を乗じた額)

2.0%

均等割

40歳から64歳の人数に応じて計算(1人あたり)

16,000円

世帯内で国民健康保険に加入している人一人ずつの所得割額を上記の計算方法に従って計算し、世帯内で合算します。さらに、人数に応じた均等割額と平等割額を加えます。ただし、平等割額については、一世帯あたりの金額になりますので、世帯内の国保加入者が二人以上であっても、上記の表の金額になります。

保険税の計算の際には、上記の医療分、支援分、介護分ごとに所得割額・均等割額・平等割額それぞれを合算し、さらに世帯内で合算後、100円未満の金額を切り捨てます。

試算について

平成29年度の保険税の概算額を試算シートで計算することができます。実際の税額とは異なる場合がありますのでご了承ください。

なお、次のような場合には保険税額を正しく算定できない場合があります。

  • 雑損失の繰越控除を受けている場合
  • 分離課税の土地建物等譲渡所得の特別控除がある場合
  • 専従者控除を受けている方がいる場合
  • 専従者給与を受けとっている方がいる場合
  • 世帯に特定同一世帯所属者がいる場合
  • 雇用変動による負担緩和措置やその他の減免の適用を受けている場合
  • 入力事項に誤りや漏れのある場合

平成29年度国民健康保険税試算表

Excel Viewer の入手
xlsファイルの閲覧には Microsoft社のExcel Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

納税義務者について

地方税法等の規定により、保険税は世帯を単位としており納税義務者は世帯主となります。世帯主が他の健康保険に加入している場合でも、世帯内に国民健康保険に加入している人がいるときは、納税義務者は世帯主となります。このように、国民健康保険の加入者ではない世帯主を擬制世帯主といいます。

保険税の軽減

低所得者に対する軽減

地方税法施行令の一部改正に伴い、平成29年度から、5割軽減の所得の算定における被保険者数に乗ずべき金額を26万5千円から27万円に、2割軽減の所得の算定における被保険者数に乗ずべき金額を48万円から49万円に改正しました。

世帯主を含む前年中の総所得金額

平成29年度から

·    33万円以下の場合
   7割軽減

·    33万円+(27万円×被保険者数)以下の場合
   5割軽減

·   33万円+(49万円×被保険者数)以下の場合
   2割軽減

保険税の減額対象となる総所得金額(世帯の合計金額)の速算表

被保険者数

1

2

3

4

5

6

7

軽減率2割

82万円以下

131万円以下

180万円以下

229万円以下

278万円以下

327万円以下

376万円以下

軽減率5割

60万円以下

87万円以下

114万円以下

141万円以下

168万円以下

195万円以下

222万円以下

軽減率7割

33万円以下

(注)減額に該当するかどうか判定する所得は、所得割を算出する際の所得とは異なります。また、擬制世帯主の所得、後期高齢者医療保険へ移行した方の所得を含めます。

  1. 65歳以上の公的年金所得がある場合、年金所得から15万円を控除します。
  2. 専従者控除は、事業主の所得として計算します。
  3. 土地、建物等の譲渡所得については、特別控除前の金額です。 

65歳未満の非自発的失業者に対する軽減

倒産や解雇などにより離職された方(雇用保険の特定受給者や特定理由離職者)に、国民健康保険税を軽減する制度があります。 

次のすべての条件を満たす方が対象です。

(1)離職日において65歳未満の方。

(2)雇用保険の失業等給付を受ける方で、雇用保険受給資格者証の離職理由コードが下記に該当する方。

 (11・12・21・22・23・31・32・33・34)


申請には雇用保険受給資格者証、個人番号が必要となりますので、国保年金課国保資格課税係で手続きをお願いします。詳しくは下部に掲載しています 国民健康保険税リーフレット及び個人番号(マイナンバー)の記載についてをご覧ください。

後期高齢者医療制度への移行にともなう減額措置

国民健康保険や被用者保険から後期高齢者医療制度へ移行した場合、同一世帯の国民健康保険加入者には減額措置があります。詳しくは下部に掲載しています 国民健康保険税リーフレット をご覧ください。

保険税の減免

災害、貧困等により生活が著しく困難となった方は、申請により保険税の減免が受けられることがあります。申請は、納期限7日前までに行う必要がありますので国保年金課国保資格課税係までお早めに御相談ください。

平成29年度版国民健康保険税リーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

個人番号(マイナンバー)の記載について

平成28年1月1日から、国民健康保険に関する申請や申告書の提出において、個人番号(マイナンバー)の記載が必要となりました。提出の際には番号及び身元確認を行いますので資料をお持ちいただきますようお願いします。

マイナンバー(個人番号)の記載について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページの担当

東金市 (法人番号 7000020122131)市民福祉部 国保年金課 国保資格課税係 

電話: 0475-50-1134 ファクス: 0475-50-1288

お問い合わせフォーム