ページの先頭です
メニューの終端です。

水害被災時の消毒について

[2017(平成29)年1月13日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

水害被災時の消毒について

感染症などの予防について

 豪雨などにより、衛生環境が不良な状態となった場合、細菌性の下痢症などの感染症や食中毒の発生予防のため、次のことに注意してください。

 特に、高齢者や乳幼児、慢性疾患にかかっている方などについては、十分注意してください。

 

  1. 十分手洗いを行ってください。
     特に調理をしたり、食事をしたりする場合には、下記のように十分手指等の汚れを落とすようにしてください。

    ・石鹸をよく泡立て、手の甲、手のひらから、指の間をていねいに洗っていき、爪の隙間も注意して洗います。
    ・さらに10秒~15秒以上もみ洗いをし、流水でよく洗い流して、清潔なタオルで手を拭き乾かしてください。
  2. 浸水した調理器具等を使う場合は、熱湯などで消毒をしてから使用してください。
  3. 飲用に適した水を飲んでください。また、浸水した井戸水は安全を確認するまで使用を控えてください。
  4. 避難所等で調理した食品は、できるだけ早く食べ、残った場合は廃棄してください。
  5. 加熱して調理する食品は、中心部まで十分火を通しましょう。(中心部の温度が75℃で1分以上の加熱)
  6. 発熱、下痢、腹痛などの症状があった場合は、早めに医師の診察を受けてください。

 

 

ご家庭が水害に遭われた時の消毒について

 豪雨などにより、下水道などが逆流する場合があります。汚染された水により、床下・床上浸水した場合、感染症予防などのため、消毒するようにしてください。

 

※市では、被害に遭われたご家庭に、消毒薬を無料で配布しています。

配布場所:〒283-0005 東金市田間三丁目9番地1 (地図
       東金市保健福祉センター(ふれあいセンター)
       健康増進課予防係 Tel 0475-50-1173

 

床下浸水用(し尿槽や下水があふれた場所、動物の死骸や腐敗物が漂着した場所、氾濫した汚水が付着した壁面、乾燥しにくい床下)

床下浸水
消毒薬調整方法使用方法
クレゾール石鹸液
(屋外に適しています。)
液を30倍に薄めます。薄めた液をじょうろ・噴霧器等で浸水した床下、家の周囲に散布する。
原液や高濃度の希釈液が皮膚につくと、炎症などを起こすことがあります。
消石灰
(床下に適しています。)
調整の必要はありません。クレゾールが乾いてから、浸水した床下、家の周囲に全体が白くなる程度、直接散布する。

床上浸水用(汚水に浸かった壁面や床、家具、トイレ、風呂など)

床上浸水
消毒薬調整方法使用方法
塩化ベンザルコニウム塩化ベンザルコニウムの濃度が0 .05%になるよう希釈する。(10%製品を使用する場合は、本剤5mlに水を加えて1リットルとする。)まず、泥などの汚れを洗い流すか、雑巾などで水拭きします。その後、薄めた液を浸した布で浸水した屋内をよく拭く。
特に、台所・トイレは念入りに!

食器類

食器類
消毒薬調整方法使用方法
家庭用漂白剤
(次亜塩素酸ナトリウム)
次亜塩素酸ナトリウムの濃度が0 .02%になるように希釈する。(10%製品を使用する場合は、本剤2mlに水を加えて1リットルとする。)きれいに汚れを洗い流した後、台所用漂白剤に5分以上浸して消毒してください。
熱湯で消毒してもかまいません。

注意事項

  • 壁面は、泥などの汚れを水で落としてから、消毒液をひたした布などでよく拭く。
  • 取り扱う際には長袖、長ズボンを着用し、メガネ、マスク、ゴム手袋などを使用し、皮膚や目にかからないように注意すること。
  • 皮膚についた場合は大量の水と石けんでよく洗い流す。目に入った場合は、水で15分以上洗い流し、医師の診察を受けること。
  • 使用する直前に希釈し、希釈する濃度を守ること。
  • 他の消毒薬や洗剤などと混合しないこと。
  • 浄化槽の微生物に影響を及ぼすので、浄化槽には散布しないこと。
  • お子さんがいらっしゃる場合は、消毒薬を誤って飲まないように注意してください。

 

組織内ジャンル

市民福祉部健康増進課予防係

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)市民福祉部健康増進課予防係

電話: 0475-50-1173 (特定健診:0475-50-1252)

ファクス: 0475-53-4411

お問い合わせフォーム