ページの先頭です

ジカウイルス感染症(ジカ熱)について

[2017(平成29)年6月1日]

ジカウイルス感染症(ジカ熱)にご注意ください

中南米地域を中心にジカウイルス感染症(ジカ熱)が流行しています。

 

ジカウイルス感染症(ジカ熱)とは

ジカ熱はウイルスを保有した蚊に刺され、ジカウイルスに感染することによって発症します。流行地域において、蚊に刺されてから数日後に、軽度の発熱、発疹、結膜炎、筋肉痛、関節痛、倦怠感、頭痛等の症状が見られた場合は、医療機関を受診してください。

 

ジカウイルス感染症は、妊娠中の感染と新生児の小頭症の関連が示唆されており、厚生労働省から妊婦の方は流行地域への渡航を控えた方がよいとの見解が出ています。

やむを得ず流行地域に渡航される場合は、

  • 衣類は長袖、長ズボンを着用し、肌を露出しない
  • 虫よけ剤を使用する

など、蚊に刺されないよう注意してください

 

関連ホームページ

厚生労働省「ジカウイルス感染症について

このページの担当

東金市 (法人番号 7000020122131)市民福祉部 健康増進課 

電話: 予防係0475-50-1173 成人保健係0475-50-1174 母子保健係0475-50-1234 ファクス: 0475-53-4411

お問い合わせフォーム


ジカウイルス感染症(ジカ熱)についての別ルート