ページの先頭です
メニューの終端です。

優良住宅認定制度について

[2017(平成29)年10月5日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1.優良住宅認定制度とは

1.優良住宅認定制度とは

一般に土地を譲渡した際には、租税特別措置法の規定により所得税や法人税について一定の重課がされます。
この重課から、除外又は軽減などの例外措置を適用するための手続きの一つとして、優良住宅認定制度があります。

注意

土地を譲渡した際の重課の例外措置を適用するための手続きの一つとして、優良住宅の認定があります。
当該優良住宅認定以外にも、例外措置を受けようとする場合には要件がありますので、例外措置を受けようとする場合にはまずは税務署で確認をお願いします。

2.優良住宅の認定について

1.優良住宅の認定を行うことで例外措置の可能性がある譲渡行為について

現在、優良住宅の認定を行うことで重課の例外措置の可能性がある譲渡行為は、個人の長期所有(5年超)の土地の譲渡行為となります。
これは、個人が長期所有(5年超)の土地を譲渡し、その譲渡を受けた個人又は法人がその土地に優良住宅を新築した場合に、元地主となる個人が譲渡した譲渡益について、例外措置を受けることができる可能性があるということです。

参考・優良住宅認定を行わなくても重課の摘要除外となっている譲渡行為について

優良住宅の認定を行わなくても、重課の適用除外となっている譲渡行為があり、その場合は優良住宅の認定を行う必要はありません。
【適用除外の譲渡行為】
1.法人又は個人事業者の短期所有(5年以内)の土地の譲渡行為
2.法人の長期所有(5年超)の土地の譲渡行為
※どちらも平成10年1月1日から平成32年3月31日までの間に行った譲渡行為に限る

2.優良住宅の認定について

1.優良住宅認定の要件については以下の通りとなります。
※個人の長期所有(5年超)の土地の譲渡行為に対する認定(=長期譲渡所得課税適用認定)に関する要件となります。
 

優良住宅認定の要件について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
2.優良住宅認定の申請について
 ・個人の長期所有(5年超)している土地の譲渡行為については、土地の譲渡を受けた個人又は法人で当該土地に建設を行うものが申請者となります。
 ・申請の受付は東金市都市整備課施設管理係となります。
 
 ・宅地の造成を伴う場合は「優良宅地」となり、東金市都市整備課計画係に申請及びお問い合わせ願います。

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)都市建設部都市整備課施設管理係

電話: 0475-50-1150

ファクス: 0475-50-1298

お問い合わせフォーム