ページの先頭です
メニューの終端です。

犬の飼い方について

[2018(平成30)年12月27日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

犬を飼うにあたって必要なこと

生後91日以上の犬を飼っている方は犬の登録と(犬の生涯に1回)と狂犬病予防注射(毎年度1回)を受けさせることが狂犬病予防法により義務付けられています。

また、住所や所有者の変更など、犬の登録事項に変更があった場合や犬が死亡した場合は届出が必要です。

手続きに関しては以下のとおりです。

犬の登録等の手続きについて

犬の登録

最寄りの獣医師のところで狂犬病予防注射を受け、獣医師発行の狂犬病予防注射済証を持参のうえ、環境保全課にて登録手続きをしてください。

必要なもの

  • 狂犬病予防注射済証
  • 登録手数料(3,000円)
  • 注射済票交付手数料(550円)

※印鑑は不要です

狂犬病予防注射

動物病院で狂犬病予防注射を受けた場合

獣医師発行の狂犬病予防注射済証を持参し、環境保全課にて注射済票交付申請手続きをしてください。

必要なもの

  • 狂犬病予防注射済証
  • 注射済票交付手数料(550円)

※印鑑は不要です

狂犬病予防集合注射を利用する場合

毎年4月に狂犬病予防集合注射を実施します。

集合注射では狂犬病予防注射と注射済票交付申請の両方をすることが可能です。

日程等の詳細は広報とうがねでお知らせします。(登録犬の飼い主の方には、毎年案内状が送付されます。)

必要なもの

  • 注射済交付手数料(550円)
  • 注射料金(2,950円)
  • 案内状

※印鑑は不要です

犬が死亡した場合

飼い犬が死亡したら、すみやかに届け出てください。

詳しくは環境保全課(0475-50-1170)にご連絡ください。

登録事項の変更届

犬の所在地や所有者の氏名、住所(市内転居・転入)変更があった場合は、30日以内に犬の登録事項変更届出書を提出してください。
なお、市外からの転入は犬鑑札をご持参ください。

※市外へ転出する場合は転出先の市町村の狂犬病予防業務担当課へ鑑札を持参し、事務手続きを行ってください。

鑑札の再交付

犬の鑑札再交付申請書に犬の鑑札再交付手数料1,600円を添えて申請してください。

注射済票の再交付

狂犬病予防注射済票再交付申請書に狂犬病予防注射済票再交付手数料340円を添えて申請してください。

飼い主として次のことを守ってください

放し飼いはしないでください

犬は鎖等でつなぐか、檻に入れて飼わなければなりません。首輪や鎖の点検も日頃から習慣づけましょう。放し飼いすると野良犬に混じって狂暴化し、人をかんだり、事故により犬自身も犠牲になることがあります。もし、犬が人をかんだら保健所に届け出なければなりません。

ふんの後始末をする

ふんの不始末に関する苦情が多く寄せられており、多くの方が不快な思いをしています。普段から自宅で排便・排尿させてから散歩に行くように習慣付けましょう。散歩のときに排便・排尿をしてしまった場合は、必ず飼い主が責任を持って後始末しましょう。

避妊・去勢手術をしましょう

新たに生まれてくる子犬を育てる見込みがない場合は避妊・去勢手術をしましょう。

避妊・去勢をすることによって繁殖を防ぐだけでなく、病気や性的なストレスを抑えることができます。

しつけをする

犬も人間社会で暮らす以上、最低限のマナーは必要です。他の犬や人にいきなり吠えない、触られても怒らない、飼い主の指示を受け入れる等の必要なしつけは行いましょう。

病気から動物を守る

定期的に健康診断を受けさせ、ワクチンや駆虫薬の投与を受け、具合が悪い場合は早目に獣医師にみてもらいましょう。

飼い犬がいなくなったらすぐ捜す

万が一、飼い犬がいなくなった場合は、その犬の情報を得ている可能性がありますので

  • 市役所
  • 保健所
  • 警察

にご連絡ください。

また、確実な身元証明となるマイクロチップを動物の体内に埋め込むことも迷子対策として有効です。詳しくはマイクロチップいれていますか?(環境省)をご覧ください。

終生飼養する

誰かが拾ってくれるだろうと安易な気持ちで動物を捨てないでください。飢え・寒さ・病気などで無残な死をむかえるか、野良犬となり、迷惑をかけたり、虐待されたりします。愛情と責任をもって一生家族の一員として飼いましょう。動物の遺棄・虐待は犯罪です。詳しくは環境省ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)経済環境部環境保全課生活環境係

電話: 0475-50-1170

ファクス: 0475-50-1297

お問い合わせフォーム