ページの先頭です
メニューの終端です。

都市計画マスタープラン概要 1.都市計画マスタープランの策定にあたって

[2012(平成24)年12月21日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

策定の趣旨

 都市計画マスタープランは、市民の参画を得ながら、まち全体や地域ごとに市民生活や産業活動の場、憩いの場などが将来どうあるべきかを確立し、この目標を市民と行政が共有したうえで、各々の役割を分担し、 "まちづくり"や"地域づくり"に取り組んでいくための道筋を長期的・総合的な視点で示す指針として策定します。

都市計画マスタープランの位置づけ

 都市計画マスタープランは、第3次総合計画の内容と整合を図りながら、都市計画に関する内容を中心として、より具体的なまちづくりの方針を示します。

 そのため、産業、観光、福祉、環境保全といった他分野における計画や施策等との連携を図りながら、本マスタープランは総合的なまちづくりマスタープランとしての役割を担いつつ、将来像の実現に向け、新しい枠組みや複合的な施策展開の方向を示します。

都市計画マスタープランの役割

 このマスタープランは、次の役割を担います。

  1. 都市計画やまちづくりに対する市民の理解と参加を容易にするため、市全体や地域ごとの将来像を示します。
  2. 市民の身近な課題に対処し、地域の視点からみたまちづくりを推進するため、今後市民が主体となって取り組む地域づくりの方向を示します。
  3. 将来像の実現に向け、市民と行政が力を合わせてまちづくりに取り組む必要があるため、各々の役割分担を明確にします。
  4. 将来像を実現するために必要となる土地利用や都市施設※1など個別の都市計画について総合的な調整を図るとともに、個別の都市計画を決定・変更する根拠としての役割を担います。

※1 円滑な都市活動と良好な都市環境が保持できるよう土地利用、交通などの現状や将来の見通しを勘案しながら、必要となる施設。交通施設、公共空地(公園・緑地など)、供給処理施設など。

都市計画マスタープラン策定の前提

  1. 対象区域
     市全域(=都市計画区域※2)とします。
  2. 目標年次
     このマスタープランは、概ね20年後の2020年(平成32年)を目標とします。
    (ただし、本マスタープランの内容については、社会・経済情勢の変化に柔軟に対応して行くため、必要に応じて適宜見直していくものとします。)

※2 各種の法律を適用して都市計画をすすめる対象地域を都市計画区域という。都市計画区域は自然的、社会的条件や人口、土地利用、交通量などの状況を勘案して一体の都市として整備・開発・保全する必要のある区域として指定します。

都市計画マスタープランの構成

 「全体構想」、「地域別構想」、「構想の実現に向けて」で構成します。

  • 全体構想:本市全域を対象としたまちづくりの方針を示します。
  • 地域別構想:土地利用特性を基本として市域を分割し、それぞれの地域ごとにまちづくりの方針を示します。
  • 構想の実現に向けて:構想を実現させるうえでの基本的な取り組み方針を示します。
地域区分図

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)都市建設部都市整備課計画係

電話: 0475-50-1154

ファクス: 0475-50-1298

お問い合わせフォーム