ページの先頭です
メニューの終端です。

住基ネット

[2017(平成29)年10月10日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

<重要>
住民基本台帳法の一部改正により、平成24年7月9日から住民基本台帳カードをお持ちの方の転出転入手続きの方法に特例が認められることとなりました。この制度を利用することにより、以前は転出により失効となり回収となっていた住民基本台帳カードが継続して利用できるようになりました。
詳しくは転出および転入のページをご覧ください。

住民基本台帳ネットワークシステムとは?

各種行政サービスの基礎である住民基本台帳のネットワーク化を図り、氏名・住所・性別・生年月日・住民票コードの5情報などにより、全国共通に本人であることの確認ができる仕組みです。

住民基本台帳ネットワークシステムのメリットとは?

 千葉県ではパスポート申請に住民票の写しの添付が不要になるなど、国や県への手続きの一部で住民票の写しの添付が不要になっています。
 また、居住地以外の市区町村で住民票の写しをとることや、住基カードの交付を受けている方は転入転出の窓口手続きが一か所で済むなどのサービスを受けることができます。
 今後はインターネットを利用することで、届出や申請などのさまざまな行政手続きを、窓口へ足を運ばずに済ますことができる電子自治体へ向けた整備が進んでいく予定です。

住民票コードについて

住民票コードは、住基ネットによる本人確認を確実かつ効率的に行うため、住民票への記載事項として一人ひとりにつけられる11桁の番号です。
住民票コードを世帯ごとにまとめて、秘密保持のため他人の目に触れないよう、圧着はがきにより配達記録郵便でお配りいたしました。

住民票コードの変更

住民票コードは、住所や氏名が変わって変更されませんが、本人の申し出により変更することが出来ます。変更請求する場合、以下の手続きが必要です。

  • 本人が窓口に来庁してください。(未成年者の場合は親権者も可)
  • 身分証明書を持参してください。(運転免許書、パスポート、保険証等)
  • 住民票コードの確認が必要です。(番号の控え又は住民票コード通知書)

※住民票コードは無作為に付番されるため番号の指定はできません。

住基ネット第2次サービス

住民票の写しの広域交付

全国どこの市区町村でも自分の住民票の写し(戸籍の表示を省略したもの)が取れます。
住基ネットを活用して全国の市区町村間で住民票情報のやり取りができるようになることにより、全国どこの市区町村でも、住民基本台帳カード、運転免許証などを窓口で提示することによって、本人や世帯の住民票の写し(戸籍の表示を省略したもの)の交付が受けられます。

転入転出手続きの簡素化

この項目については、法改正により制度変更となりました。
平成24年7月9日以降の詳細については転出転入の各ページをご覧ください。

法改正以前の制度

住民基本台帳カードの交付を受けている場合、転出届を郵送で行うことにより、引越の手続で窓口に行くのは転入時1回だけで済みます。
現在、引越の場合には、まず、住んでいる市区町村に転出届を行い、転出証明書の交付を受けた上で、引越先の市区町村に転入届を行う必要があります。
住民基本台帳カードの交付を受けている場合は、確実な本人確認ができるため、一定の事項を記入した転出届を郵送で行い(この場合の転出届は、近い将来、インターネットで行うことも可能となる予定です)、住民基本台帳カードを引越先の市区町村の窓口で提示して転入届を行うことにより、引越の場合に窓口に行くのが転入時の1回だけで済むようになります。

申請の手順

  • 東金市への付記転出届
     市民課窓口や各地区公民館に置かれた付記転出届に引越先住所や転出予定日等の必要事項を記入し、郵送してください。国民健康保険、老人医療、介護保険に該当する方は国民健康保険証、老人医療受給者証、介護保険証も同封をお願いします。
  • 引越先での手続き
     引越した日の翌日から14日以内に、引越先の市区町村の窓口で、住民基本台帳カードの提示により転入手続きが受けられます。

注意
次に該当することとなった場合、住民基本台帳カードによる転入地での届出はできませんので、転出市区町村からの証明書による通常の届出が必要となります。

  • 引越しをした日の翌日から起算して14日をこえた場合の届出。
  • 住民基本台帳カードの所有者が異動しなかった場合。
手続きのイメージ

住民基本台帳カードの登場

住民基本台帳カード

住民票の写しの広域交付、転入転出手続きの簡素化のほか、顔写真付きのカードを希望された場合は、公的な身分証明書として利用できます(パスポート申請や銀行での口座開設など)。

※平成28年1月からマイナンバーカードが発行されたことに伴い、住基カードの発行は平成27年12月で終了しました。

 ただし、現在住基カードをお持ちの方は、住基カードの有効期間内であれば、平成28年1月以降でも、個人番号カードを取得するまでは利用可能です。

関連リンク

お問い合わせ

東金市 (法人番号 7000020122131)市民福祉部市民課市民係

電話: 0475-50-1131

ファクス: 0475-50-1288

お問い合わせフォーム