ページの先頭です

国民健康保険とは

[2017(平成29)年4月3日]

国民健康保険とは

 私たちは、いつ病気やけがに遭うかわかりません。そこで、皆で日頃から保険税(料)を出し合い、医療費などの負担を助け合うこと(相互扶助)を目的とした健康保険制度が国民健康保険です。
 日本では国民皆保険制度がとられており、すべての方が何らかの公的医療保険制度に加入することとなっています。
職場の健康保険(社会保険)など、他の健康保険制度に加入していない方は必ず国民健康保険に加入しなければなりません。
 国民健康保険に加入すると国民健康保険税を納めなければなりませんが、一定の自己負担のもとで各種医療サービスが受けられるようになります。また、高額な保険適用医療費の自己負担があった場合は高額療養費が、子どもが生まれたときには出産育児一時金が、国保加入者が死亡したときには葬祭費が支給されるなど、さまざまなサービスがあります。
 いざというときに皆で支え合うための制度、それが国民健康保険です。

このページの担当

東金市 (法人番号 7000020122131) 市民福祉部 国保年金課
電話:国保給付係0475-50-1250
   国保資格課税係0475-50-1134
ファクス: 0475-50-1288