ページの先頭です

特定健康診査・特定保健指導

[2017(平成29)年1月13日]

特定健康診査・特定保健指導について

 東金市国民健康保険では、40歳以上の東金市国民健康保険被保険者及び後期高齢者医療被保険者を対象に、内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)に着目した特定健康診査を実施しています。(後期高齢者医療被保険者については、「千葉県後期高齢者医療広域連合」からの委託により健康診査を実施しています。)

 また、特定健康診査の結果から、東金市国民健康保険被保険者を対象に、特定保健指導を実施しています。

 近年、日本人の生活習慣の変化などにより、糖尿病などの生活習慣病の有病者・予備群が増加しています。生活習慣病は、自覚症状無く動脈硬化等が進行し、脳血管疾患や心臓病などの重病になる割合がとても高いのが特徴です。死亡や要介護状態の原因の一つともなっています。

 こうした状況から、内臓脂肪型肥満に着目した特定健康診査・特定保健指導が平成20年度から各医療保険者により実施されています。健診・保健指導を積極的に利用し、バランスの取れた食生活、適度な運動習慣を身に付けることにより、健康で長生きすることをめざしましょう。

※健康で長生きをすることは、医療費を抑えることにもつながります。

 

特定健康診査について

○特定健康診査(集団健診)については、集団健診をご覧ください。

○特定健康診査(個別健診)については、個別健診をご覧ください。

このページの担当

東金市 (法人番号 7000020122131)市民福祉部 健康増進課 予防係 

電話: 0475-50-1173 (特定健診:0475-50-1252) ファクス: 0475-53-4411

お問い合わせフォーム


特定健康診査・特定保健指導の別ルート